クリンスイのサイズ・種類の選び方

クリンスイのサイズは冷蔵庫と相談

どのサイズを選べばいいの?

 

前のページでは、数あるポット型浄水器の中から「三菱レイヨンのクリンスイ」を選ぶべき理由を紹介しました。

 

このページでは、そのクリンスイの中からどのタイプ(サイズ)を購入すれば良いかを検討していきたいと思います。

 

最初に正解を言ってしまうと「クリンスイを買う時は冷蔵庫に入るサイズを選ぶ」ということになります!
ですから、一番最適な大きさは、各家庭で違ってくるということになります。

 

なぜ冷蔵庫に入る大きさか?

常温に置いたままでいいの? 」で詳しく解説していますが、ポット型浄水器というのは、衛生的な面を考慮して基本的に冷蔵庫に入れたままで使います。

 

なので、どうしても「冷蔵庫に入る大きさ」を選んで買わなければいけないことになります。

 

クリンスイのCPシリーズには、いくつかのサイズがあります。
以下の表を参考にして、冷蔵庫の中に入るかどうかをメジャー等で確認してから最終決定するようにしましょう!

 

サイズ
(幅×奥行×高さ)
浄水容量/1回 備考
CP002
CP002
105×105×281mm

0.9リットル

最少サイズ
CP015
CP015
124×107×302mm

1.0リットル

ヨコ置き対応
CP005
CP005
217×108×282mm

1.1リットル

CP006
CP006
217×108×282mm

1.1リットル

アルカリポットシリーズ
CP007
CP007
265×115×300mm

1.3リットル

アルカリポットシリーズ
シリーズ中で一番大きい

 

楽天カードをまだ持っていない方は、発行時にもらえるポイントを利用して購入するのがお勧めです。

キャンペーン時には6000円分のポイントがもらえることもよくあります!

 

私のCP007の使い方

私は一回で1.3リットルの浄水容量を持っているCP007を使っています。
ちなみに私が購入した時点から現在までで、クリンスイシリーズの中で一番大きなサイズだと思います。

 

ですが、購入前にサイズのチェックなんてしなかったので、残念ながらポットが大きすぎでした。

 

大きすぎて冷蔵庫に入らない

 

うちの冷蔵庫の飲み物を置くスペースには収まりきらなかったのです。

 

しかしながら、使い方というのは、どうとでも工夫できるもので、
幸いにも一段下の野菜室にはスッポリと収めることができました。

 

野菜室に置いて使っています

 

奥さんからは「野菜置くのに邪魔!」と怒られることもありますが、
我が家では、そのようにしてCP007を使いこなせています!

 

最後はペットボトル・ウォーターサーバーとのコスト比較をして後悔のない選択をしましょう!

スポンサード リンク