ポット型浄水器で放射線物質は取り除けるの?

放射能は除去できるの?

2011年に福島第一原発の事故があってからと言うものの、東北地方や関東地方では放射線物質に危機意識が高まりました。

 

というのも2011年の間中、テレビのニュース等で「どこどこで高濃度のヨウ素やセシウムが測定されました」という報道がされていたからです。

 

それは水道水も例外ではありませんでした。

 

ですから、水道水の放射性物質を除去できるかどうか、

  • ポット型浄水器
  • ウォーターサーバー
  • ペットボトルの飲料水

の各メーカーに、お問い合せをする方が急激に増えたそうです。

 

それでは、実際に上記を利用することで対策は可能なのでしょうか?
各メーカーの発表を確認しておきましょう。

 

ポット型浄水器

ポット型浄水器の場合

 

まずはポット型浄水器を代表してクリンスイのホームページをチェックしてみると、

現在問題になっている放射性物質の除去につきましては、水道水水質基準項目になく
除去対象物質にも含まれていないため、除去能力試験方法が確立されておらず、
性能確認も行っていないため、現時点では明確な答えをお出しすることが出来ません 。

 

上記のように「明確ではない」という案内文を出しています。
東レのトレビーノに関しても、ほとんど同じ内容の発表を行なっています。

 

一方で、パナソニックのHPをチェックすると「除去できません。」とこちらは明確に断言しています。

 

以上の情報をまとめてみると、ポット型浄水器が放射線物質を除去できるかどうかに関しては、

  • わからない
  • 除去できない

という回答になります。

 

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの場合

 

続いて、浄水器の競合となるウォーターサーバーに関しても調査してみたいと思います。

 

RO膜(逆浸透膜)を使っている代表的なメーカーである「アクアクララ」のホームページでは、

RO膜の細孔(穴の大きさ)と放射性物質(ウラン、セシウム、ヨウ素、プルトニウムなどの核種で放射線を発生させる物質)の大きさから判断し、理論上は放射性物質の除去が出来ていると考えております。

 

と発表されています。
同様に「クリクラ」でも、ほとんどの同じ意味の文章が書かれていました。

 

あとは水源地がハワイなどの外国や西日本であるメーカーを選ぶという方法もあると思います。

 

放射線物質が気になる方は、ウォーターサーバー会社と契約する前に、ホームページで確認するようにしましょう!

 

※上記は個人的に調べた情報をまとめたものです。各メーカーから新しい発表が出ているかもしれませんし最終決定はご自身の判断でお願いします。

スポンサード リンク