新品のカートリッジを使う時

カートリッジの初めての使い方

初めての使い方

 

ポット型浄水器のフィルターは定期的に交換する必要があります。

 

三菱レイヨン「クリンスイ」の場合は、1日に2リットル使用するペースで3ヵ月使うことができます。
なので3ヵ月に1回(1年に4回)は、新しいフィルターに交換する作業が必要です。

 

フィルター(カートリッジ)は、最初に使う時だけ「洗浄の為のろ過」をしてから使わなければいけないので、このページでは、その手順を紹介しています。

 

(1)カートリッジを洗う

新品のカートリッジを袋から出すと、活性炭の黒い粉が付いていますので、まずは水道水でそれを洗い流します。

 

(2)20分間水の中に浸す

20分間浸します

 

次にポット型浄水器の本体の3分の2の高さまで水道水を入れて、その中にリザーバーと呼ばれる中ぶたのようなものと、カートリッジを入れて20分間ほど浸します。

 

この時に浮力でカートリッジが浮いてきますので、手で押し込んであげましょう。
少しだけ浮いているような形であれば、その状態でOKです。

 

そのまま20分間放置したら、水を捨てます。

 

(3)試しの「ろ過」を2回

2回ろ過します

 

最後に、通常通りに浄水器を使って、水道水の「ろ過」を2回繰り返します

 

やはり、カートリッジのフィルター部分には、色々な不純物が混じっている可能性がありますので、忘れずに最初のろ過を行った方が良いと思います。

 

注意点

説明書には何点か注意点が書かれています。
購入前の方もいらっしゃると思うので、要約して紹介しておきたいとます。

 

  • 温泉水や井戸水は異物が多いので、ご使用にはなれません
  • 35度以上の温水は通さないでください
  • 海水の塩分は除去できません、鉛を除く金属イオン類は除去できません
  • 養魚用の水としては使えません
  • 硬水を軟水に変えることもできません

 

補足

クリンスイのフィルターの構成は、

  • 第一層:活性炭+セラミック
  • 第二層:中空糸膜フィルター

となっています。

スポンサード リンク